医療人百科

INTERVIEW

Dream as if you’ll live forever. Live as if you’ll die today.

吉田元

医療法人 奉優会 モアナ歯科クリニック 理事長 吉田元

略歴

熊本県荒尾市出身。神奈川歯科大学 歯学部 歯学科卒業。卒業後、口腔外科を専攻。勤務医として研鑽し、埼玉県川口市に開業。
「スタッフの働きやすさ=患者様の笑顔」を念頭に、埼玉県と東京都に5医院8事業所を持つ医療法人へと成長させる。
歯科とは別に建築業・大型機材取扱業・アルミニウム製業を営む。
インプラント、口腔外科を得意とし、各種学会の認定医・専門医を取得。また、大学を卒業してからは恩師の勧めもあり口腔外科へ進みそこで出会ったインプラント治療を専攻することになる。他の歯科医師・衛生士・歯科助手にも、技術の向上・臨床への応用を提供したいと考え、関東中心にlolani Study Groupを立ち上げ、勉強会などの活動を積極的に行っている。

現在の仕事についた経緯は?

「何か人のためになりたい」と思っていました。プライベートも充実することができ、かつ人のためになれる仕事ということで歯医者を選びました。

仕事へのこだわり

この仕事へのこだわりは「現場に居続けること」です。現場で実際の患者様に触れあって、診療をし続けることが私の仕事へのこだわりです。
今の医療法人を構築するにあたって私が学生の時のカンファレンス授業で教授から「このうち80%から90%は開業する」と聞きました。その際にこの周りのライバル(学生)に勝つためにはどのように勉強をし卒業していくか、またどういう人間関係を築いていき開業していかないといけないかというのを考えたのが始まりです。
学生の時からそれを意識し、今のモアナ歯科クリニックの形を最終形と考えていたので、それに従ってやってきたに過ぎないです。

私たちが考える最高の治療とは、単に治療するだけでなく、その治療を通じて、患者様の人生が、より良いものとなることだと考えております。
患者様一人ひとりに寄り添い、健康である喜びを実感していただくサービスを提供するために、私たちはどんな場合でも最大限の努力を惜しみません。
最新、最良、最高の治療をすべての患者さまに届けることこれがモアナ全員のMission。保険も自費も隔たりなく最高の医療でなくてはならないと考えています。
最新の医療機器を整えています。専門医制度、包括医療を導入しています。

そう思えるようになったきっかけ

大学時代に受けたそのカンファレンス授業が一番のきっかけです。
現状を分析してエビデンスに従って方向性を見据えた勉強をしていかないといけないなとその時に初めて思ったので、私としては診療も経営もエビデンスに従った方針作りに力を入れています。
また、マーケティングマインドを重視するようにしています。患者様本位でない治療は行わず、常に中心に患者様を考えるようにしています。
その結果、患者様が 笑顔になっていただければ私もまた幸せと考えるようになりました。結果、私のこだわりとなり現在のモアナ歯科クリニック全員の指標となっております。

今後の目標

開業した時も今もやはり全ては患者様のためになっていないといけないなと心から思っています。
今後も患者様のためになれるような存在になるにはどうしたら良いのか、モアナ歯科クリニックが患者様のためになれるような場所になっていくにはどうしたら良いのかを日々考えて過ごしています。
より専門性の高い医療機関になっていけたらいいなと考えています。
よって歯科を細分化し専門医制度を当クリニックでは取り入れています。また、我々の高い診療技術を後進に伝える為そして多くの患者様に技術提供できるよう三次診療圏の取り込みとブランディングに力を入れています。また、デジタル技術の革新は著しくそれらを簡易的かつ機能的なツールとして利用するようにしていきます。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。