医療人百科

INTERVIEW

歯列矯正による美しさをプラス、美しい歯並びから生まれる笑顔を増やしたい

櫻井雄太

スマイル+さくらい歯列矯正歯科 二子玉川 院長 櫻井雄太

略歴

東京歯科大学歯科臨床研修修了後、東京歯科大学歯科矯正学講座へ入局。複数の歯科医院での臨床経験を経て、2013年にスマイル+さくらい歯列矯正歯科二子玉川を開院。
特定非営利活動法人 日本成人矯正歯科学会など多数の学会に所属。日本矯正歯科学会認定医。

現在の仕事についた経緯は?

もともと、私の母は透析を行う病院の看護師として働いていたんです。毎日、朝から夜まで働き、ときには夜勤もこなしていて、大変そうだけれども、はつらつとした姿がとても印象的でした。そんな母の姿を間近で見て育ちましたから、医療の世界がいつでも身近なところにあったんですね。また、私が小学生だった頃に通っていた歯科医院の先生がとてもやさしくてかっこ良く、幼心にとても憧れていたのも歯科医師を目指すきっかけでした。

仕事へのこだわり

裏側からの見えない矯正を得意とし、患者さんの約9割が希望されます。裏側矯正とは従来の表側の装置と違って、歯の裏側につけますので、他人に気づかれません。よく患者さんから裏側に付けると表側より期間は長くかかりますか?と聞かれますが、当院では、表側からの治療より期間が長くなるとか、治療結果が悪いということは一切ありません。装置は丸みをおびた特殊な加工がしてありますので、違和感も大分軽減されていてお勧めの治療法です。

今後の目標

笑顔の輪をもっともっと広げていきたいですね。そのためには当たり前のことですが、まずはしっかり患者さんとコミュニケーションをとって、悩みや心配、不安にこちらから気づいてあげたいと思っています。あとは最新技術や知識の習得に努めて、患者さんに還元していきたいです。当院に来てくれた全ての患者さんに笑顔で帰っていただくのが私の目標です。

※ 本サイトに掲載している情報は取材時点のものです。